白紙委任状に実印を押してしまったら

金融業者から融資を受けたのですが、 そのとき何も書いていない委任状に実印を押され、 印鑑証明書も渡してしまいました。 どうすればいいでしょうか?

スポンサーリンク

違法な金融業者

適法な金融業者は白紙委任状を取ることはありません。

貸金業規制法20条は、 貸金業者は、公正証書を作成するための委任状を取得する場合には、 白紙委任状を取ってはならないと定めています。 これは、公正証書は裁判手続きを経ずに直ちに強制執行ができるため、 濫用の危険性が大きいためです。

金融庁事務ガイドライン

さらに、金融庁事務ガイドラインでは、 公正証書を作成するための白紙委任状だけでなく、 白紙委任状全般について、 その取得は貸金業規制法で金氏している、 不正、または著しく不当な手段に該当するおそれが大きいとしています。 したがって、適法な貸金業者であれば、 白紙委任状を取ることは、まずありません。 白紙委任状を取られたというのであれば、 それは違法な業者でしょうし、 それだけに危険は大きいものとなります。

危険な白紙委任状

白紙委任状を使って公正証書を作成された場合、 それは直ちに強制執行ができるという強い効力があるだけでなく、 公証人によって作成された書面だけに、 信用性も高いとみなされます。 そのため、あとから委任は無効であるとして争うことは、 非常に難しいのが実情です。

次のページに続きます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加